蔵オビハチについて

日本が世界に誇る文化財『蔵』をもう一度見直す時

山形市の蔵は、明治時代に発生した大火の後当時の行政施策によって盛んに建てられました。山形市内全体では400棟弱、中心市街地周辺に絞り込むと約150棟が現存し、山形市内の街並みを構成しています。
蔵の用途は、倉庫として使われる『荷蔵』店舗として使われる『店蔵』仏具を保管する『仏蔵』等がありますが、現存する中心市街地周辺の蔵は倉庫として利用される『荷蔵』が多く、その数の約9割を占めています。

蔵が活きていた時代、それは日常生活に溢れる(モノ)が大事にされる時代でした。農家にとっての農具、布団屋にとっての綿など、蔵は貯蔵庫であり、同時に人々の財産でもあったのです。しかし、現代に生きる我々にとって失われた習慣となった蔵は生活の必要性が徐々に失われ、町の表層にさらされ用途のない空き地として孤立の道を辿っていました。築90年が経過していたこのオビハチも、かつて小嶋商事が扱っていた品々や小嶋家の冠婚葬祭で使われていた品々が眠っていましたが、その多くはごく有り触れた古道具で単なる物置きでした。

街並み保全として蔵の有効活用を考える学生の取り組み

はじめは学生による授業の一環として山形市の街並み・街作りを考える取り組みから、蔵プロジェクトが結成されました。 市内の眠っている蔵、次第に取り壊されて行く蔵を何とかしようという想いから蔵オビハチはその一号として選定され、 2003年7月に改装を経てリニューアル。学生たちの実験プログラムから、蔵づくりのイベント会場・ライブ会場・カフェとして生まれ変わりました。

息を吹き返した蔵オビハチは学生たちの思いを引き継ぎ、中心市街活性化ネットワークの基地として主となって蔵建造物を守る活動の拠点となり、 実験終了後はオーナーの心意気でのシンボルとして本格的で洒落た内装のライブイベントカフェバーとして営業しています。
実際いらしてみて、貴方なりに蔵の持つ独特の空間を感じとってください。きっと忘れかけてい何かが心の内に蘇ってくると思います。 健康に配慮した自然素材のランチ、夜のバーとしての営業はデートコースに、貸切でのライブや各パーティー等にもお勧めです。
皆様のお越しをお待ちしております。

PAGE TOP